日光を多いマンション

近年のマンションでは太陽の光を室内に取り入れるように工夫がされています。リビングなどで大きな窓を設けたり、トイレやお風呂場などでも小さくても窓を取り付けることも少なくありません。そうすることで日中に多くの陽射しが室内に差し込むことになります。なぜそのような工夫がされるようになったかというと、節約志向の家庭が増えているからです。その節約の一つに照明や暖房などに消費される光熱費の削減が、これにあたります。陽射しを多く取り入れることで日中の照明の使用を大幅に減らすことができます。そして、冬なら陽射しが室内に入るだけで室温が暖められて、暖房ナシでも快適に過ごすことができるのです。ちなみに、夏は日除けを設けることで室温の上昇を食い止めます。

また、洗濯物を乾すときにも重宝されます。日中留守にしてベランダやテラスで洗濯物を乾せない家庭は多くあります。洗濯乾燥機では電気を消費してしまいますし、普通に室内で乾かしても生乾きとなり臭いの原因になることも多いのです。しかし、マンションの室内に陽射しが入れば、室内で乾しても生乾きになることもなくしっかりと乾すことができます。日光には紫外線が含まれており、殺菌作用があるのです。そのため、洗濯物を日光の下で乾すと雑菌の繁殖を抑えて悪臭を断ってくれますし、衛生的にも優れています。このように、マンションでは室内に少しでも日光を取り入れるように建築されたところが増えているのです。

Copyright 2017 採光や眺望が良い大規模マンションのメリット All Rights Reserved.